将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

観戦

自玉が詰む条件(駒)を見定める

24高段者の対局から。図は対抗型の中盤戦です。 玉は後手が固く、手番は先手、駒の損得は桂香交換でほぼなし。効率は後手のほうがいいでしょうか。 <図からの指し手> ▲3三と △6六角 ▲同銀 △6五歩 ▲1九歩 △3八龍 ▲3九歩 △4九龍 先手はと金を活用し…

自然な手を積み重ねる

24高段者の対局から。図は中盤戦です。後手の棒銀が残ってしまっていて先手よしかと思ったのですが。。。 <図からの指し手> △9五歩 ▲4五銀 △5三角 ▲5六飛 △9六歩 ▲5四銀 △同銀 ▲同飛 △4二角 ▲8八角 △9七歩成 ▲同香 △同香成 ▲同角 △5一香 ▲6四…

寄せに必要な駒を把握する

24高段者の対局から。図は先手が金の両取りをかけて優勢な局面です。後手の反撃をどうかわして寄せるか。 <図からの指し手> ▲7八金 △8七歩成 ▲同金 △8六歩 ▲同金 △7七桂成 ▲6八金 △8八銀 ▲6九玉 △6五金 ▲5一角成 △5六桂 先手はしばらく受けに…

駒を取らせる間に仕事をする

24高段者の対局から。図は後手が角金交換の駒損の攻めをしている局面です。△55銀は▲56歩と突かれて後手が困っているように思えたのですが、ここからうまく手をつなぎました。 <図からの指し手> △8六金 ▲8七銀 △同金 ▲同玉 △6九銀 ▲5九飛 △7八銀…

紐をつけている駒に狙いをつける

24高段者の対局から。図は先手が飛車を走った所です。 ここから後手の攻め手が参考になりました。 <図からの指し手> △6九角 ▲6五歩 △6六歩 ▲6八金右 △6七歩成 ▲同金直 △同馬 ▲同金 △69角が受けにくい手。先手は桂馬を外しましたが、すかさず駒の…

最後にワンチャンの局面を作り出す

24高段者の対局から。 図は先手が後手を寄せに行った局面です。 14歩が厳しく先手が手番を握ってそのまま勝つのかと思ったのですが、ここから後手の反撃が勉強になりました。 <図からの指し手> △1七歩 ▲1三歩成 △同王 ▲1七香 △1五歩 ▲2五金 △3四…

玉に向かってまっすぐに駒を進める

図は24高段者の対局から。角桂交換が行われて第二次戦いに向かっている局面です。駒の損得はなし。陣形のバランスが先手がよいのでここからどういう方針で進めていくか。 <図からの指し手> ▲4一角 △6五歩 ▲同歩 △5六歩 ▲同銀 △5二歩 ▲4五歩 △5三銀…

寄せ形のイメージを持つ

24高段者の対局から。(今回は後手側を見ます) 図は角桂と銀銀の交換です。駒の効率は先手が8筋の銀のダンゴが気になるところ。 手番は後手。後手良しでしょう。ここからの攻めが早かったです。 <図からの指し手> △7四角 ▲7五飛 △5六角 ▲5七金 △6…

最強の守備駒を攻める

24高段者の対局から。図は後手が桂馬の両取りをかけてきた局面です。 後手玉は龍がいて硬そうだし、守りの金を取られてはいけないので一旦はうけるのかと思ったのですがそうではありませんでした。 <図からの指し手> ▲2三歩成 △同王 ▲3五歩 △同龍 ▲2…

遊び駒と守り駒を活用して細い攻めをつなげる

24高段者の対局から。図は先手が猛攻して一段落した局面です。 駒割は先手の銀角交換の駒損ですが、後手は角金桂香が全然働いていないので先手優勢です。 先手は攻めが細いのでどうつなげていくか。 <図からの指し手> ▲6四歩 △同歩 ▲7五歩 △同金 ▲6四成…

寄り形のイメージを持つ

24高段者の対局観戦から。 図は先手の金取りに後手が受けた局面です。 先手は鉄壁ですが香損なのでゆっくりしていると不利になってしまいます。 とはいえ後手陣も鉄壁でどうしたものか。 <図からの指し手> ▲9五歩 △8二王 ▲6三龍 △同銀 ▲7三金 △同王 …

自陣を万全にしてから一気呵成に攻める

24高段者の対局から。 図は後手が銀交換に成功して、先手は銀を手放して飛車を追ったところです。 銀を手持ちにした後手が指しやすそうですが、ここからどうやって優勢を拡大するのか。 <図からの指し手> △3三銀 ▲6八玉 △5二金 ▲3六歩 △4四歩 ▲5六…

上から押しつぶす攻めは厳しい

24高段者の対局から。後手が駒損ながら飛車を奪って金桂の両取りをかけた局面です。金取りを防ぐ▲67歩△29飛成で反撃かと思ったのですがそうではありませんでした。 <図からの指し手> ▲6四歩 △同金 ▲6五歩 △6三金 ▲7四銀 △6六飛成 ▲8三歩 △7一…

終盤は駒の損得より先手を取る

24の高段者の対局からです。 図は後手が先手に催促したところです。 後手玉はいまにも寄りそうですが、攻め駒は少なくギリギリどうかという感じです。 <図からの指し手> △1二歩 ▲同銀成 △同王 ▲3四歩 △4六金 ▲1三銀 △2一王 ▲4六銀 △5六角 ▲4七歩…

終盤は金を攻める・金を自陣に埋める

今回はNHK杯から。71手目の局面では後手の菅井さんがここから駒得を生かして優勢を拡大していく指し方が参考になりましたので記事にします。 <図からの指し手> △4二銀 ▲4七龍 △4六桂 ▲7九玉 △2五角 ▲8九玉 △5八桂成 ▲4五龍 △3三桂 ▲4四龍 △5…

紐がついている駒に狙いをつける

24高段者の対局から取材です図は先手の飛香と銀の交換の駒得で先手が優勢な局面です。ここからどうやって決めるのか。 <図からの指し手> ▲4一飛成 △同銀 ▲同馬 △3二銀 ▲5二馬 飛車をすぱっと切って2枚替えをします。32銀で弾かれて52馬と後手を…