読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

将棋24矢倉・相振上達日記

将棋24で二段(R1800)の筆者の対局日誌です。矢倉・相振飛車で戦っています。

A級順位戦2回戦の感想

毎日新聞でA級順位戦2回戦の掲載が終わりました。振り返ります。

A級順位戦二回戦の結果
カード 戦型
×渡辺ー広瀬○ 横歩
○羽生ー森内× 矢倉
○稲葉ー深浦× 角換
×三浦ー佐藤○ 向飛車
×行方ー屋敷○ 矢倉
2勝 広瀬7 稲葉9
1勝 羽生1 行方2 渡辺3 佐藤4 屋敷5 深浦8
0勝 森内6 三浦10

若手の広瀬さん、稲葉さんが連勝スタートとなりました。渡辺さんは先手番で広瀬さんに負けたのは痛いですね。終盤力で負けてしまった印象で、後をひきそうです。あと佐藤さんのチョンマゲ向飛車が炸裂して快勝した将棋も面白かったです。連敗の森内さん、三浦さんは元気ないですね。

2回戦の気になった将棋レビュー

羽生ー森内戦が矢倉になり、久しぶりの46銀37桂型戦法になりました。

<図からの指し手>
▲7四銀 △6二角
▲8五銀 △4五歩
▲3三桂成 △同銀上
▲4五銀 △2六角
▲7六銀



▲74銀△62角▲85銀が初めて見た手筋でした。銀を取ると▲74桂で飛車角の両取りがかかってしまうんですね。結局取られそうな先手の銀が生還してしまいたちまち先手有利になりました。



<図からの指し手>
▲7四歩 △7二飛
▲8四角 △7七歩
▲同金寄 △7五歩
▲同角 △1四銀
▲4六桂



図3は桂得で先手優勢の局面ですが、どうやって後手玉を攻めるのかなと思っていたら羽生さんの手はなんと▲74歩!後手は攻め駒が全く働いてなく超ゆっくり攻めてOKという大局観がとても勉強になりました。この後も先手が一方的に攻めて快勝しました。

広告を非表示にする