将棋24矢倉・相振上達日記

将棋24で二段(R1800)の筆者の対局日誌です。矢倉・相振飛車で戦っています。

見落として負け

将棋は見落としやうっかりで勝負が決まるのがほとんどです。
本局は見落としを重ねて優勢だった将棋を負けてしまいました。
図は矢倉の中盤戦です。
f:id:kohshogi:20161211221103p:plain
<図からの指し手>
△5五歩
▲6五歩 △同銀
▲5五角 △9二飛
▲7三歩成 △6六歩
▲5七金
先手が▲75歩から仕掛けてきたのに対して後手が反発した局面です。
△55歩からの本譜は読み筋通りでここでは先手の攻め駒が働いていないので後手がうまくいっていると思いました。△66歩のくさびも入って後手好調です。
f:id:kohshogi:20161211221613p:plain
<図2から>△5四金
▲8三と △5五金
▲9二と
積極的に△54金と繰り出していきます。▲83との局面が最初のターニングポイントでした。
ここでと金がそっぽに行った瞬間に△95飛ととられそうな飛車を銀と交換しておけばはっきりよかったです。△92飛と回った時点で△95飛を頭に入れておかないといけなかったのに対局中は全く思い浮かびませんでした。しかしこれでもまだ後手優勢でした。
f:id:kohshogi:20161211222148p:plain
<図から>△7六銀
▲6八歩 △6七歩成
▲同歩 △6六歩
▲68歩と受けられどう攻めるかといった局面です。△77歩から攻めるか迷ったのですが、本譜を選択、成り捨てて△66歩で▲55歩と金を取ってくるのが読み筋だったのですが。。。
f:id:kohshogi:20161211222438p:plain
<図から>
▲同歩 △5六金
▲同金 △6七銀
普通の▲同歩を見落としたのが失敗その1.後手は飛車を渡しているので攻めきれないと負けです。狙い筋の△56金から△67銀と攻めて▲67同金に△49角が狙いだったのですが。。。
f:id:kohshogi:20161211222802p:plain
<図から>
▲5七銀 △7八銀成
▲同玉 △4九角
▲6八飛 △5八金
▲7二飛
f:id:kohshogi:20161211222913p:plain
▲57銀を見落としたのが致命的でした。これで両取りが受かってしまい、純粋に銀損になり攻めは切れ▲72飛のカウンター一発で負けになってしまいました。

反省

①△95飛と走る手が対局中に見えなかった。△92飛と回ったら飛車を切る手を常に頭に入れておく
②▲66歩と取られる手、▲57銀と上がる手を見落としたのが敗着。見えていれば△77歩から攻めたりできた。

自陣の駒が当たりになっていると焦ってしまい読みが浅くなってしまうのが悪い癖です。本譜もミスをしたのは飛車があたりになっている局面、金があたりになっている局面でした。駒があたりになっている局面で冷静に指せるようになるという課題が一つ見つかりました。

広告を非表示にする