将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

紐がついている駒に狙いをつける

24高段者の対局から取材です図は先手の飛香と銀の交換の駒得で先手が優勢な局面です。ここからどうやって決めるのか。

f:id:kohshogi:20180213231116g:plain

<図からの指し手>

▲4一飛成 △同銀 ▲同馬 △3二銀 ▲5二馬

飛車をすぱっと切って2枚替えをします。32銀で弾かれて52馬と後手を引くのではいまいちではと思ったのですがそうではありませんでした。

f:id:kohshogi:20180213231439g:plain

<図からの指し手>

△8二馬 ▲6四歩 △7一馬 ▲6三歩成 △2四桂

▲3七銀打 △3五歩 ▲3四桂

後手からの△24桂からの反撃に37銀の受けは△35歩が厳しそうなので、25銀かな?でも33桂がいやかなと思って見ていたのですが、
先手は堂々と37銀打として35歩を許しました。

ここまできてようやく先手の狙いがわかりました。

35歩で空いた空間の34の地点に桂馬をうつのが厳しい手でした。

52馬と連動していて、金で桂馬を取ると42馬と銀を取られてしまいます。

f:id:kohshogi:20180213231513g:plain

 

52馬は42の銀を狙っていたのでした。

このあと程無く先手の勝ちになりました。

 

■勉強になった点

・後手を引いても2枚替え+52馬でよしと判断した点

・目標(銀)の駒にひもをつけている駒(金)に狙いをつけて攻める

・後手の反撃に乗じてカウンターを放つ