将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

自陣を万全にしてから一気呵成に攻める

24高段者の対局から。
図は後手が銀交換に成功して、先手は銀を手放して飛車を追ったところです。
銀を手持ちにした後手が指しやすそうですが、ここからどうやって優勢を拡大するのか。

<図からの指し手>
△3三銀
▲6八玉 △5二金
▲3六歩 △4四歩
▲5六銀 △4三金右
▲4六歩 △3一王
▲5八金 △1四歩
▲1六歩 △2二王
▲4七金 △9四歩
▲3七桂 △4九角


後手はひたすら自玉を固めて万全の状態にしてから一気に攻めかかりました。

<図からの指し手>
▲4五歩 △2七銀
▲4八飛 △3八銀成
▲4九飛 △同成銀
▲6六歩 △8九飛
▲2五桂 △9九飛成
▲3三桂成 △同金寄
▲7一角 △5二飛
▲6五桂 △8五桂


f:id:kohshogi:20180217183302p:plain
攻めかかったら一気呵成に攻め続ける。あっという間に3方向からの包囲網を完成させて寄り形にしてしまいました。
まるで動かざること山の如し、攻めること火の如しといった切り替えでした。
<ポイント>
・相手が銀を手放したので、急いで攻める必要がない
・角銀を手持ちにしているので攻めには困らない
・自玉を万全にしてから一気呵成に攻める