将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

寄り形のイメージを持つ

24高段者の対局観戦から。
図は先手の金取りに後手が受けた局面です。
先手は鉄壁ですが香損なのでゆっくりしていると不利になってしまいます。
とはいえ後手陣も鉄壁でどうしたものか。

<図からの指し手>
▲9五歩 △8二王
▲6三龍 △同銀
▲7三金 △同王
▲5一角


観戦していて▲35角から攻めるのかな?と思っていたのですが、
龍を切って金を捨てて51角でなんと寄り。すごい手順でした。

最初の▲95歩が効いていて玉が端に逃げた時に▲94歩が決めてになりました。 △82玉に対してすぐ▲94歩△92歩だと思ったのですが、これは味消しなんですね。
f:id:kohshogi:20180216201039p:plain
■勉強になった点
・寄り形のイメージを持つ。対局者は玉が73で51角と打てば寄るというイメージを持っていた。
・端玉には端歩