将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

遊び駒と守り駒を活用して細い攻めをつなげる

24高段者の対局から。図は先手が猛攻して一段落した局面です。
駒割は先手の銀角交換の駒損ですが、後手は角金桂香が全然働いていないので先手優勢です。
先手は攻めが細いのでどうつなげていくか。

<図からの指し手>
▲6四歩 △同歩
▲7五歩 △同金
▲6四成銀 △6一飛
▲6三歩 △5二銀
▲6五桂 △同金
▲同成銀 △6三銀


まずは歩の手筋を駆使しして桂馬を捌きました。金桂交換になり成果をあげました。

<図からの指し手>
▲6七銀 △3四歩
▲7五成銀 △8八角
▲7六銀 △7四歩
▲6四歩 △7五歩
▲6三歩成 △同飛
▲7五銀 △6九飛成
▲6四歩


ここで▲67銀が勉強になった手でした。
先手はまだ攻めが3枚で細いので、まもりの銀を出動させるのですね。相手陣ばかり見ていてはいけません。
f:id:kohshogi:20180218093455p:plain
▲64歩となって攻め駒4枚+垂れ歩で後手陣攻略に十分な状態となりほどなく先手が勝ちきりました。
■ポイント
・攻めが細い時はまずは遊び駒を活用する。
・次に自玉の守り駒を攻めに参加させる