将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

寄せ形のイメージを持つ


24高段者の対局から。(今回は後手側を見ます)
図は角桂と銀銀の交換です。駒の効率は先手が8筋の銀のダンゴが気になるところ。
手番は後手。後手良しでしょう。ここからの攻めが早かったです。
<図からの指し手>
△7四角
▲7五飛 △5六角
▲5七金 △6七角成
▲同金 △同馬
▲8一成銀 △5七桂
▲5九金


△74角から△56角の活用がうまい手でした。放置すると次に△46桂があるので
クロ57金は仕方ないですが、角をスパっと切って△57桂がもう詰めろ。▲59金と受けましたが。

<図からの指し手>
△7四金
▲8三角 △5一王
▲7四角成 △同歩
▲同飛 △4九角
▲4八玉 △2七角成
▲同銀 △同飛成
▲3九金 △4九桂成
まで後手の勝ち


△74金が▲73銀成を消しながら飛車を攻める決め手になりました。
先手は飛車をなりこまないと寄せがないので角を渡して切り抜けようとしましたが、△49角〜△27角成と最後の桂馬の成捨てがかっこいい寄せになりました。
f:id:kohshogi:20180218210544p:plain
■ポイント
・寄せ形のイメージを持つ(今回は馬を作って桂馬を打つと詰めろをイメージ)
・受けながら形を決める(本譜の△74金)