将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

紐をつけている駒に狙いをつける

24高段者の対局から。図は先手が飛車を走った所です。
ここから後手の攻め手が参考になりました。

<図からの指し手>
△6九角
▲6五歩 △6六歩
▲6八金右 △6七歩成
▲同金直 △同馬
▲同金


△69角が受けにくい手。先手は桂馬を外しましたが、すかさず駒の連結を外す△66歩が厳しかったです。私は△58角成からにまい替えで満足するのかと思いましたが、本譜のほうが断然いいですね。もっといい手がないかを探すのはとても大事です。▲67金以降の決め方も鮮やかでした。

<図からの指し手>
△7九銀
▲同玉 △8七角成
▲6八玉 △6九銀
▲5七玉 △5八金
▲6六玉 △7八銀
▲5七金 △4六飛


f:id:kohshogi:20180305212016p:plain
△79銀の捨て駒から△87角成、最後は△46飛と質駒を取って決まりました。

■ポイント
・雁木の形は銀の頭が急所。△59馬と△66歩のコンビネーションで先手陣は崩壊してしまった。
・単なる2枚替えで満足せずもっといい手がないかを探す。