将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

自玉が詰む条件(駒)を見定める

24高段者の対局から。図は対抗型の中盤戦です。
玉は後手が固く、手番は先手、駒の損得は桂香交換でほぼなし。効率は後手のほうがいいでしょうか。

<図からの指し手>
▲3三と △6六角
▲同銀 △6五歩
▲1九歩 △3八龍
▲3九歩 △4九龍


先手はと金を活用します。後手は角を切って攻めてきますが、19歩、39歩と龍をずらしてから一気にギアチェンジしました。

<図からの指し手>
▲4三と △6六歩
▲5二と △6七銀
▲8八玉 △5八銀成
▲6二と △6八成銀
▲6一馬 △7九龍
▲9七玉 △8五桂
▲8六玉 △7五金
▲同玉 △7四金
▲8六玉 △9三王
▲8二角


f:id:kohshogi:20180320213907p:plain
先手は自陣に目もくれずに43〜52〜62と。と金を活用して攻め合いに出ました。金を2枚もぼろっと取られても先手玉は詰めろにならないんですね。銀がないと先手玉が詰まないということを見越して先手は寄せにでたようです。後手は△62との局面で一回手を戻すべきだったかもしれません。
終了図で後手玉は詰みになっていました。
△8四王▲9三銀△同香▲9五金△同歩▲9三角成 △同王 ▲9四金以下詰み
■ポイント
・自玉の詰む条件を見定める。本譜は銀を渡さなければ自玉が詰まないことを見越して▲43とからオール手抜きで攻め合いに出た。
・寄せに入ったら自玉に目もくれずに寄せること。