将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

攻められる前に受ける。万全にしてから攻める

24高段者の対局から。図は対抗型の終盤戦に入りかけたところです。
先手が香得、後手の△44金が負担、手番は先手です。先手がよさそうですが△88銀は鋭い手です。先手はどう指すか。

<図からの指し手>
▲5九香 △8九銀
▲同玉 △7七角成
▲8八銀 △5五馬
▲4一飛 △7七桂
▲同銀 △同馬
▲8八銀 △同馬
▲同玉 △5四金


先手は得した香車を受けに使いました。▲59香で後手の龍の働きは一気に下がりました。後手は△89銀不成から二枚替えで駒得しながら攻めてきますが、▲88銀と跳ね返します。先手は駒得していたので、一時的に損しても龍を封じるほうが価値が高いと判断したようです。

<図からの指し手>
▲8九桂 △1九飛成
▲2一飛成 △8四香
▲4三角 △7一金
▲5二角成 △6一銀打
▲3四馬 △8五銀
▲7七馬 △3九龍
▲6三桂 △同銀
▲6一馬


ここで▲89桂が渋い手でした。自玉がスカスカなので手を入れる。受けに悪手なしと言いますがなかなか指せないです。
このあとの▲43角〜▲52角成も△61銀と受けられて何やってるんだと思いましたが、相手の持ちこまを受けに使わせて自玉を安全にする・▲63桂から攻める目標をつくるといった効果を狙っていたようです。自玉を万全にしてから攻める。将棋の鉄則ですね。
f:id:kohshogi:20180321234443p:plain
■ポイント
・駒損よりも龍の効きを封じる59龍
・先に受けて(▲89桂)自玉を万全にしてから攻める(43角)
・持ちこまを受けに使わせて自玉を安全にする。