将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

先手を取って受ける

24高段者の対局から。図は対抗型の終盤戦です。
後手が手番を握って攻め込んでいますが、先手はどう対処するか。駒割は先手の桂香得です。

<図からの指し手>
▲7八角 △6七銀
▲同角 △同角成
▲7八銀 △同馬
▲同金 △5九飛


先手は角を合わせて先手を取って受けました。
△67銀にも銀角交換になるも再度78銀と受けて馬をはじきます。
後手も馬を引いては寄せが遠ざかるので馬を切って飛車をおろしました。

<図からの指し手>
▲7九飛 △同飛成
▲同金 △3九飛
▲5六角 △6五歩
▲5一飛 △6一銀打
▲8九金打 △6二銀
▲9一飛成 △同王
▲9三金


ここで今度は飛車に飛車を合わせる▲79飛でした。
単に受ける手はダメなんですね。△56飛成とかされたらどうするのかなと思ってしまい自分は指せなそうです。
そしてとどめの▲89金打ち。穴熊で金が2枚あったら自陣に打てと先崎さんの自戦記に書いてあったのを思い出しました。攻めが切れない限りはこうやって自玉を鉄壁にするのが大事なんですね。最後は隅に玉を落として決まりました。
f:id:kohshogi:20180402204621p:plain

ポイント

・後手を引く受けはダメ。角には角、飛車には飛車をぶつけて先手を取る
・金を自陣に打つ手に悪手なし。攻めが切れない限りは好手