将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

大駒の効きを止める犠打

24高段者の対局から。図は後手が桂頭を攻めようとしている局面です。ゆっくりしていると桂馬を取られているので先手は急ぐ必要があります。

<図からの指し手>
▲5七歩 △4七銀右成
▲同金 △同銀
▲6五桂 △同歩
▲4七銀 △6六歩
▲5三銀 △6三王
▲5六銀 △6四桂


先手は後手の攻めを引っ張り込んで反撃する順を選びました。
▲65桂の捨て駒がうまい手で、このタイミングで桂馬を捨てて銀を取り返せるのですね。見えませんでした。後手も玉頭を守りながら攻防の桂を打ちましたがここからうまく決めました。

<図からの指し手>
▲同銀成 △同王
▲6五歩 △6三王
▲6四銀 △5二王
▲5三銀成 △4一王
▲3五桂


上から抑えこんで最後に▲35桂で寄り形になりました。▲53銀成の局面ではつい▲53角成いきたくなりましたが、大駒より小ゴマを使えですね。
f:id:kohshogi:20180425213142p:plain

勉強になった点

・取られそうな駒を犠打に使う
 桂馬を角の効きに捨てて銀を取る。うまいタイミングで捨てている
・玉は下段に落とせ
 ▲64銀成から下段に落とす攻め。最後の▲35桂で寄せができた
・玉のあたりを避ける駒のとり方▲47金
 ▲47銀だと△58銀成が王手になるので金から取って王手にならないようにする