将棋24矢倉・相振上達日記

将棋24で二段(R1800)の筆者の対局日誌です。矢倉・相振飛車で戦っています。

8月2週3週の戦績と取り組んだ準備

お盆休みが終わりましたね。

例年休みにいっぱい将棋の勉強をするもなぜか勝てないパターンが続いていたのですが、今年は勝ち越すことができました。

 

■8/12~20の結果

4勝3敗

× × ○ × ○ ○ ○

右四間、相振、時切、相振、相振、雁木、相振

 

■勝つために取り組んだ準備

・8/8、8/10 5手詰40問

・?練習対局 4局

・藤井相振本2巻 20P

・藤井相振本3巻(図書館) 109P

・CPU対戦 2局(当然負け)

 +2090から再戦 勝ち +2245から再戦 負け

・ひとめの必死 62問

・終盤の定跡(図書館) 150P

・読むだけで強くなる終盤のコツ(図書館) 48P

NHK杯観戦 中村-行方(雁木)

・CPU対戦結果を棋譜並べ 10局

おおむね勝ちに直結する準備ができたのですが、以下反省です

<効果低い>

練習対局4局は寝る前に将棋クエストをしてしまい目と体が疲れるだけで効果が低かった。こういうのを減らしていかないといけない。

<効果あり>

・CPUとの+2000位からの再戦の練習で自分には必死をかける力が弱いなと感じ人目の必死を購入した。必死のパターンが少しわかってきた。対局のうち1局は必至を勝てたので効果を実感。

・CPU対戦結果を棋譜並べは手筋を覚えられて効果ありそう。負けるのであまり楽しくはないが、週に2局目指して継続する

<その他>

お盆の対局は相振が多くなってしまいあまり雁木にならなかった。藤井先生の相振本を復習する。

 

■マイ格言

・雁木は54歩と突いたら 47銀型にする、64歩と突いたら57銀型にする

・相振は相手が53銀型にしてきたら矢倉にする、そうでなければ1手損で雁木にする