将棋24雁木・相振上達日記

将棋24で二段の筆者の対局日誌です。雁木・相振飛車で戦っています。(矢倉はお休み中)

自然な手を積み重ねる

24高段者の対局から。図は中盤戦です。後手の棒銀が残ってしまっていて先手よしかと思ったのですが。。。

<図からの指し手>
     △9五歩
▲4五銀 △5三角
▲5六飛 △9六歩
▲5四銀 △同銀
▲同飛 △4二角
▲8八角 △9七歩成
▲同香 △同香成
▲同角 △5一香
▲6四飛 △同角
▲同歩


後手は9筋を攻めていきます。その間に先手は5筋を突破にかかり、一見先手がうまくいっているように見えましたが△51香車が厳しい反撃でした。
とはいえ飛角交換で67手目は金桂がさばけてなく後手苦戦かと思ったのですが・・・

<図からの指し手>
     △7六歩
▲6五桂 △7七歩成
▲同金 △9八飛
▲3九玉 △9七飛成
▲2四歩 △8八龍
▲6六角 △7五金


f:id:kohshogi:20180314221617p:plain
ここで△76歩にびっくりしました。そんな悠長な手で間に合うのかなと思いましたが金を動かして△98飛が狙いだったのですね。
■ポイント
・後手は自然な手を積み重ねていた。攻められたら受ける。端を攻めたら一貫して端を攻め続ける。駒得して自陣を強化する。小さい駒で攻める(△76歩)、遊び駒を使う
→教科書通りの自然な手の積み重ねが大切。